会社の取組み

「森のルート」in浦幌

3月の「川のルート」に続き、

5月25日に東十勝ロングトレイル

協議会の「森のルート」に

社長、経理部長、事務員の

3名で参加しました。

 

今回のルートは我が浦幌町

昭和29年に閉山した「旧浦幌炭鉱」の

市街地を、浦幌町立博物館の学芸員の

ガイドのもと、当時の街並みを思い

浮かべながら約2.5キロを散策しました。

団地の跡地は木々に包まれ、まるでジブリの世界に迷い込んだようです

ここに一つの街があったのですね…としみじみ

移動トイレ係は、我がフクタ若手№1の社員です

爽やか~ 気持ちよく歩きました

散策後は、

山菜取りガイドの案内で留真周辺にて

山菜取りをして留真温泉に入浴。

採れたての山菜の天ぷらをいただく

ツアーでした。

 

福田社長と当社社員。

留真温泉のコテージでいただいた揚げたての天ぷらはウドとハンゴウソウ 。サイコーに美味しかったです

当日はお天気も良く
川もきれいで、森林の
マイナスイオンたっぷりの中、
気持ちよく歩きました
 

マイナスイオンで癒されます

病院や学校、映画館…当時は3,600人もの人々が暮らしていたそうです