事業紹介

主に十勝管内における公共土木工事を受注・施工しています。

  • 道路工事
  • 河川工事
  • 除雪

子どもたちに土木する楽しさを伝えたい。

地域

 1973(昭和48)年4月、福田順一によって当社は浦幌町で創立されました。現在では、国、道発注の道路、橋梁、河川、農業土木、除雪、維持工事、浦幌町や民間企業発注の土木工事などを行っています。
 2005年(平成17)年に社名を福田建設からフクタに変更し、2013(平成25)年に2代目社長として福田憲司が就任しています。
 「子どもたちに土木する楽しさを伝えたい」を企業の社会活動の目標とする当社は、担い手育成の一環として建設業を身近に感じてもらい、建設業の地域における必要性を伝えるために地元の児童を対象にした体験学習等を継続して実施しています。
 これらの活動を通して保護者や地域住民にも理解の輪が広がり、地元に愛される企業に成長していきたいと考えています。

地域に必要とされる企業づくりを

福田 憲司代表取締役福田 憲司

 建設業は人気がなく、若い人が入職しないなど重大な課題を抱えています。未だに3Kのイメージが根強く、休日も予定通りに取れないなど、若者、女性が働きづらい環境にあるのが現状です。
 当社では週休2日の確保に前向きに取り組んでおります。季節労働者の通年雇用化も実施し、4年前に数名、昨年はさらに6名を通年雇用し、資格取得についても積極的に支援しています。
 当社に入って良かったと感じられる会社経営を目標に、最先端の技術を取り入れ、業務の効率化を図り、人手不足、少子化社会に対応し、市域に必要とされる企業づくりを目指していきます。